陰ヨガコラムVOL.3体からのメッセージを受け取る


陰ヨガを続けていくと、 

硬くなっていた体の組織が、だんだんと、元の姿に蘇ります。

それは、、体だけでなく、精神的なことにも影響していきます。

陰ヨガのポーズを保っている時に、体を解放してポーズを深めると、

組織は伸びて潤い、しなかやかに。。そして、

よく注意してみれば、全身の組織が伸びたり、圧迫されたり、ねじれたり、

押し込まれたりするのが感じられたりします。

陰ヨガでは、まるで体からメッセージを受け取ったように感じられるようになります。

そうして、陰ヨガを通して、

体の奥深くへ旅をしながら、内なる働きに波長を合わせ、

呼吸機能や循環機能や内臓につながり、さらには筋肉や関節の内側の感覚にもつながっていきます。

このように全身の生理学的過程への意識が高まると、

やがてはサントーシャ、

つまり知足に近づいていくとができるのです。

知足とは・・・“足るを知る”で、<老子>の教えで、宗教、特に禅宗では、人間の欲を戒めるために、よくこの言葉を引用するようです。“足るを知る”とは、字句のとおり、充分に満ち足りていることを知り、不足感を持たないということです。

 今、自分に必要なことを知り、それに満足するということです。

 陰ヨガを練習することで、余計な欲を持たず、自分に満足することが習慣づけられるように

 なる。。ということかもしれません。

私たちは陰ヨガを通して体の奥深くへ旅をしながら、

内なる働きに波長を合わせ、呼吸機能や循環機能や内臓につながり、

さらには筋肉や関節の内側の感覚にもつながっていく。

このように全身の生理学的過程への意識が高まると、

やがては、、知足につながるということでしょう。

陰ヨガ、練習していくことで、自分の体や心からのメッセージを受け取って、自分らしさ、、そして、自分を生きる・マインドフルネスを実践していきましょう。

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

以上の枠をクリックしても、画面が出てこない方は、お手数ですが、

yogashantihk@gmail.comへ御申し込みメールをしてください。