​表情筋トレーニング・ホリスティックフェイスメソッド

Yoga Shanti HongKong は International College of Holistic Medecine 公認

NPO 法人国際ホリスティックフェイス協会認定校です。

 

 

当協会は、ホリスティック医学に基づき開発された『フェイスメソッド』と

​精神行動分析者(心理学者)ポール・エクマン博士による心理表情学を融合させた

21世紀の新しい文化・学問として『顔学』の普及を目的としています。

スクリーンショット 2020-10-24 12.32.58.png

ホリスティックフェイスメソッドは、正しい理論に基づくメソッドです。
表情筋を正しく動かし、鍛えることで
シワやたるみ歪みの改善はもとより、心と体にアプローチした

全ての方に向けた健康プログラムです。

ホリスティックフェイスメソッドの効果

■ アンチエイジング効果
■ 脳と心の病気予防・改善
■ リラクゼーション効果
■ コミュニケーション能力の向上
■ 咀嚼力アップ・嚥下障害改善

■ 認知・記憶機能の改善

5つのホリスティックフェイスメソッド

● 顔ヨガ
● 表情筋トレーニング
● 指圧

● 韓医学に基づく太極拳・気功フェイスメソッド
● フェイスマッサージ

スローエイジング・Wellbeing 

美しく年を重ねるために

表情筋は、年齢とともに衰えていきます。
自分の動かしやすい筋肉ばかりを動かしていると

その筋肉だけが発達し、動かさない筋肉は衰えて行きます。
 

加齢と共に老化が始まるのは20代から、

生活習慣(噛み癖・頬杖・姿勢)から、骨格のズレも生じ、
それは、顔の骨格・頭蓋のズレにも影響してきます。

それを改善するためには、骨自体を動かすことよりも
表情筋を鍛えて引き上げていくことが大切です。


顔の筋肉は皮筋に分類され、骨格ではなく、皮膚についている筋肉です。

 

もともとの骨格がずれていれば、その上にある皮膚にも影響が出てきます。

その皮筋を正しく、動かし、運動機能を発達させることにより、

影響を改善してくことが可能です。
 


人生100年時代、美しく健康に、生き生きと幸福に生きるための

Well-being を実現するフェイスメソッドで豊かな表情で年を重ねてください。

 

ストレス社会に「微笑み」で気持ちの良いコミュニケーションを

営業や接客業で人と顔を合わせて仕事をされている方など、

相手に好印象をもってもらうために、

作り笑いをしてしまったり、

緊張を隠すための作り笑いをしてしまったり、
自然な微笑みとは違い、

作り笑いであることで、心(精神)への影響がでるのではないかと

​いうことが言われています。

ホリスティックフェイスでは、

表情筋を脳神経の関係について、

協会長の岡本るみこ先生による研究臨床結果に基づいた

知識と技術で この表情筋が脳・・そして心に与える影響について

深く理解し、指導を行なっています。

現在、メンタルの不調を訴える人が増えています。
表情筋は、心、脳と繋がっています。

体の部位の中で、脳神経への影響が一番大きいのが、

顔のパーツです(口・目・鼻・耳・皮膚)

よく「顔に出るよね」ということを言われたりしませんか?
気持ちが顔に出る・・とは、その通りで、

表情筋と心がつながっている証明にもなっていますよね。

表情筋をほぐし鍛えることによって、脳の神経伝達から

心のケアができるというメソッドの理念がここにあります。

表情筋をバランスよく鍛えることで
筋肉がスムーズに動くようになり
自然な表情を作ることができるようになっていきます。

それはビジネスシーンだけでなく、家族や親しい間柄での
コミュニケーションへよい効果をもたらしてくれるでしょう。

子供〜老人まで
フェイスエクササイズで健康に!

〜表情筋を鍛えると健康に若返る理由〜

加齢とともに、噛む力や飲み込む力が低下してきます。
 

表情筋トレーニングやフェイスヨガのテクニックの中には

舌を動かす運動も多く含まれています。

噛む力や飲み込む力が低下すると、唾液の分泌も減少し、

口内環境が悪くなる可能性があります。

私自身、香港在住の歯科医とのコラボワークショップを開催していますが、
歯科医の方も、このフェイスエクササイズを推奨しています。
特に、子供や老人・・舌の運動をしっかりとすることで、
よく噛むことができるようになります。

噛むことによって、唾液の分泌がよくなります。

唾液には、消化を助け、口腔内を清潔にする働きがあります。
また、噛むという機械的な刺激が、頭やあごの骨、顔の筋肉の発育を促し、
表情豊かな顔をつくるほか、大脳の働きを活性化します。
さらに、かたいものをかみくだく爽快感は
ストレス解消になるといわれています。

しっかりと噛む・飲み込むことができるようになるためには、
​舌の筋肉の強化、顎・口内・表情筋を強化することが大切です。



認知・記憶機能.の改善に

​顔のパーツを動かすことで、脳への刺激があることは
研究によって知られています。

​記憶力の改善・認知機能の改善が期待されています。

実は、私がフェイスエクササイズに興味を持ったのが

親の認知症がきっかけです。

急に顔に表情がなくなり、険しい表情をするようになりました。

本人も精神的に不安を感じているようで、

脳の病気が、顔にこのような変化を持たすのだと驚いた共に戸惑いました。

そんな時に、このフェイスエクササイズに出会い、

表情筋を動かすことで、脳を活性化し、

認知機能を改善することができるのかもしれないという期待から

学び始めました。もちろん、親と一緒に行なっています。
そのおかげなのか、一時期見せていた、険しい症状や精神不安定さが

改善され、進行もゆっくりとしています。 

これは個人差があることですが、

体を動かせない方にもこのホリスティックフェイスの運動は

​心と体の健幸にかかせないメソッドとなってくるでしょう。

 

shutterstock_9873529.jpg

◆お試しオンライン個人レッスン 

1回 $250(60分)・日本円$3000(60分)

ーフェイスメソッドの理論・説明10分

−20分指圧マッサージ・30分表情筋トレーニング

✴︎テキストなし

◆入門5回コース 

$1500(23000円)

1回 75分

ー実技・理論テキスト付き

・表情筋トレーニング・顔ヨガ​​

・理論1日目20分

✴︎個人レッスン

オンライン・対面ともに$2000(日本円30000円)

 

◆フェイスメソッド国際認定指導者講座 28時間

詳細はこちら

●オンライン講座はZOOM を使用いたします。

zoom での参加が初めての方は、こちらをご覧ください。

操作は簡単です!もし、わからない場合は、事前にご連絡ください。

🌟ZOOMの始め方

スクリーンショット 2020-10-27 20.05.35.png
スクリーンショット 2022-04-04 1.25.40.png

インストラクター紹介 

YUMIKA YAMAMOTO

1993年より香港在住

2000年、香港にて自然療法サロン&スクール benessence を設立。

心・身体の健幸を目指し、インド在住の4年間で培った、

調和のとれた、マインドフルネスを実践し、ヨガインストラクターとしても、活動を開始。

2000年より香港で初めての日本人ヨガ講師として活動を開始。

Yoga Shanti Hong Kong 設立 その他、資格はこちら

2015年当協会 会長・岡本るみこ氏の理念に共感し、顔ヨガ・表情筋トレーニングインストラクターとして、

ホリスティックフェイスを世界に広げる為の活動をしています。

2018年、当協会マスターインストラクター資格取得