陰ヨガコラム:VOL.1 陰ヨガで可動域を取り戻す


どんなに運動が得意な人でも、その人の体の癖があります。

この動きは得意だけど、これは、ちょっと苦手。。とか・・

加齢によるものもありし、毎日の姿勢の癖によっても。。

可動域が悪くなっている部分もあります。

可動域が悪い原因の一つに、筋肉、筋膜の癒着がありますが

これによって、動くが制限されてきます。

癒着によって栄養とエネルギーの流れが全身で滞り

その結果、痛みが生じるほか、体の動きが悪くなるという影響が出てくるわけですね。

陰ヨガで筋肉と筋膜を静かに伸ばすポーズを保つことは、

癒着を解消するのに役立ちます。

また、関節と結合組織に軽いストレスをかけると、

関節と結合組織の可動域が増大し、ストレッチや体を動かし安くなります。

陰ヨガの特色である、ポーズを長い時間キープする ことで、

この筋肉や筋膜の癒着を解消し、心地よい体を自分が意識することができるようになるでしょう。

→次回は『VOL.2自分をいたわる』

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

以上の枠をクリックしても、画面が出てこない方は、お手数ですが、

yogashantihk@gmail.comへ御申し込みメールをしてください。