子宮美人ヨガコラム VOL.3




みなさんは、子宮底筋群という筋肉を知っていますか?

子宮は、骨盤という体で一番大きな骨の内側にあり守られています。出産経験のある女性や妊婦さん向けヨガのクラスに参加したことがある方は、スムーズなお産と産後の早期回復のために骨盤底筋を鍛えるエクササイズをしましょう、と言われたことが一度はあると思います。 その骨盤の下の部分に骨盤底筋群というハンモック状の筋肉があり、その筋肉に子宮は支えられているのですが、現代の女性はその骨盤底筋が弛んでいるケースが多く、膣の緩みの原因になっています。

それだけでこの状態は、子宮脱や尿漏れといった深刻な症状をも引き起こします。

逆に昔の女性は、そこの筋肉がしっかりと鍛えられていましたので、ともなって膣がしっかりと締まった状態を維持できていました。

骨盤底筋の弛みの原因は、姿勢悪く座りっぱなしの状態が長いことや脚を組んで座る、ハイヒールを履く機会が多いなど、生活環境から生じる骨盤の歪みです。それにより、ハンモック状の骨盤底筋が、所定の位置からずれたりダラ〜んと垂れ下がってしまい弛むのです。 また骨盤が歪むと、骨盤内の血液の循環が悪くなり生理痛やPMSがひどくなります。


どう考えても、歪んだ骨盤や弛んだ骨盤底筋では子宮を良い状態で維持できないのです。

では一体どうしたら良いのでしょうか?

骨盤底筋は簡単なエクササイズで鍛えることができますし、骨盤も生理の周期によって開いたり締まったりする動きを利用して整えることが

できるんです。



骨盤環境の良い子宮はとてもしなやかです。 しなやかな子宮は、カチコチに凝り固まっているのではなくスポンジのように柔軟で、生理中には軽血を蓄えておくことができる、緩弛のバランスがしっかりとれた子宮といえるのです。むろん、生理痛やPMSなどの不調を滅多に引き起こしません。

みなさんは、カチコチの子宮としなやかな子宮、どちらが良いですか?

次回は、子宮美人ヨガのWSの内容をご紹介したいと思います。



Do you know the muscles called the uterus muscles?


The uterus is protected by the inside of the largest bone in the body called pelvis. If you have attended a yoga class for women and pregnant women who have given birth, I think you have been told at one time to exercise exercises to train the pelvic floor for smooth birth and early postnatal recovery.

There is a hammock-like muscle called pelvic floor muscle group in the lower part of the pelvis, and the uterus is supported by the muscle, but modern women often have their pelvic floor muscles slackened, It is the cause of looseness.

By itself, this condition also causes serious symptoms such as uterine prolapse and urinary leakage.

On the other hand, in the old woman, the muscles there were firmly trained, so it was possible to maintain the tightness of the vagina.


The cause of the pelvic floor muscle slack is distortion of the pelvis resulting from the living environment, such as long sitting poor condition, sitting with folded legs, and many opportunities to wear high heels. As a result, the hammock-like pelvic floor muscle slips out of place and sags.

Also, if the pelvis is distorted, blood circulation in the pelvis will be worse and menstrual pain and PMS will become worse.




Whatever you think, you can not keep the uterus in good condition with a distorted pelvis or a loose pelvic floor muscle.


So what should you do?


The pelvic floor muscles can be trained with simple exercises, and the pelvis can also be adjusted using movements that open and close according to the menstrual cycle

you can.




The uterus with a good pelvic environment is very supple.

The flexible uterus is not stiff and solid like a corpse, but it is soft like a sponge, and it can be said to be a uterus with a well-balanced balance of relaxation that can store light blood during menstruation. Of course, menstrual cramps and PMS are rarely caused.


Are you better with hard uterus or a soft uterus?


Next time, I would like to introduce the contents of the womb beauty yoga WS.



wrote by ASAMI

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

以上の枠をクリックしても、画面が出てこない方は、お手数ですが、

yogashantihk@gmail.comへ御申し込みメールをしてください。