news & event

日時 1月29日(金)

香港21時〜21時30分

日本22時〜22時30分

 

facebook とインスタにてライブ配信いたします。

 

フォローしてお知らせを受け取ってくださいね。

facebook  https://www.facebook.com/Yconceptstudio 

インスタ https://www.instagram.com/y_concept_studio/

 

▶︎前半10分でキリタンクリアについての解説と方法をお話しします。

後半で実践いたします。

今回はシンギングボールはなしの、瞑想会です。

 

この1回だけでなく、2ヶ月毎日12分間、このキリタンクリアを

実践していただくことで、効果が感じられると言われていますので、

ぜひ、方法を覚えて、続けてくださいね。

 

ご参加お待ちしてます!

数年前になりますが、

ELLEオンラインにモデルのミランダ・カーがクンダリーニ・ヨガを行っているという

記事が掲載されて少し話題になりました〜ごくごく一部の人達の間で😂

 

クンダリーニ・ヨガ。。。なじみの無い方が圧倒的に多いと思います! 

クンダリーニ・ヨガはあらゆるヨガの流派の源流ともいわれていて、

もともとインドで、口伝で教えられていた秘伝で、

極々限られた人しか知られていない教えでした

 

しかしそれを、故ヨギ・バジャンが、

1968年にカナダ・アメリカなどの西洋諸国で広く一般に教え始めて、

多くの人にその叡智が広まり始めました。

 

 

日本ではまだまだ認知度が低いのですが、海外での認知度は高いです😊 

中国や台湾などのアジア諸国でも広まっていますね。

 

 

 冒頭に書いたのですが、以前、モデルのミランダ・カーが

クンダリーニ・ヨガを行っているという記事がELLEオンラインに掲載され

一瞬?話題になりました。記事はコチラです。

 

 

「私を元気いっぱいにしてくれる」

「もしヨガがなければ、今やっていることが全部できるかどうかわからない」

と語っています。

 

 

クンダリーニ・ヨガはいわゆる身体のストレッチにフォーカスした一般のヨガとは、あまりにかけ離れているのですが、こうした有名人がその素晴らしさについて語ることで、少しでも広まるといいなと思っています。

 

話しは変わるのですが、、、

NHKで、クンダリーニ・ヨガの瞑想が取り上げられていました。

これも数年前・・😂

NHK クローズアップ現代「テロメア」特集で紹介(2017年5月26日)

 

最新の研究で、老化を防ぎ、若さを保つこと、また認知症やがんの予防、

その他さまざまな病気のカギを握ると言われているのが染色体の「テロメア」と

呼ばれる部分であると分かってきたそうです。

 

そして、その「テロメア」の減少を防ぐのには瞑想が有効であり、

その実証実験で、クンダリーニ・ヨガの瞑想が使われました。

 

以下、NHKのサイトから引用して、抜粋

 

ーーーーーーーー

 

・テロメアとは「塩基」と呼ばれる、化学物質である。

 細胞が分裂するたびに少しずつ数が減り、短くなっていく。

 

・生まれた時、テロメアはおよそ1万5,000ほど。35歳でおよそ半分に減少。

 6,000を下回ると染色体が不安定になり、さらに2,000になると

 細胞がこれ以上分裂できなくなる

「細胞老化」と呼ばれる状態に陥る。テロメアが減ると新たな細胞ができなくなる。

 

・アメリカの最新の研究によると、心理的なストレスが、テロメアの減りを早めている。

 

・テロメアが短くなることで、染色体が不安定になり脳の老化や、

 認知症やがんのリスクが増す。

 また皮膚の細胞が、コラーゲンの分泌も行わなくなる。
 

・そして最新の研究で分かったのが、

「テロメラーゼ」と呼ばれる物質によって、

 テロメアが短くなるのを遅らせ、さらに伸ばすことができるということ。

 (この発見により、ソーク研究所 ブラックバーン博士がノーベル賞受賞)

 

- - - - - - - - - - - - - - -

そして、NHKの特集において、カリフォルニア大学教授による瞑想と

テロメラーゼの増減の関連性を調べる実験が行われました。

 

その実験で、クンダリーニ・ヨガの代表的な瞑想である

キルタン・クリヤによる実験が行われました。

 

結果、被験者23人がこの瞑想法を毎日12分間、2ヶ月間続けた実験で、

テロメラーゼを「平均で43%増加」させることが判明しました。

 

 

また、データとしての結果だけではなく、被験者は次のようにも述べています。

 


「世界が一変しました。おかげで本当によく眠れるようになったんです。

確実に心が落ち着きました。めい想はとても効果的で、

自分がすべきことに集中できるようになりました。」

 

 

また、実験を行った精神科医のラブレツキー教授にとっても想定を超える結果でした。

 

 

カリフォルニア大学 ロサンゼルス校 ヘレン・ラブレツキー教授

「まったく未知のことで、とても意外でした。ストレスを受けると交感神経が働き、

体の緊張が高まります。逆に(リラックスさせる)副交感神経の働きは低下します。

めい想によって、2つの神経のバランスがよくなり、テロメアにも、よい影響があると考えられます。」

 

 

 ーーーーーーーーここまでが抜粋

老化を防ぎ、若さを保ち、ガンや認知症の予防になるキーと言われる

「テロメア」を増加させる「テロメラーゼ」が「平均で43%増加」した、

という結果が出たことは驚異的な数値だと思います。

 

 

このような結果から、クンダリーニ・ヨガの「キルタン・クリヤ」と呼ばれる瞑想は、

テロメラーゼを増加させることで、テロメアが短くなることを防ぎ、

さらに増加させることによって「細胞、脳や皮膚を若く保ち、がん・認知症予防に有効」であることが、本実験において検証されたことになります。

 

 

瞑想は、一見すると現代科学と離れた、

浮き世離れしたイメージがあるかもしれないですが、

ノーベル賞を受賞したソーク研究所やカリフォルニア大学のような

権威ある機関が携わった実験において、

このような結果が出たことは本当に素晴らしいことだと思います。

 

 

クンダリーニ・ヨガは身体に働きかけるだけでなく、

脳や神経系に働きかけます。古代からの叡智が詰めこまれた

素晴らしい瞑想が数多くあります。

 

 

自分自身として、身をもって効果を体感しているので、

結果を見てもそれほど驚くことはないのですが、

客観的に検証されたのは、素晴らしいことですね。

 

 

マインドフルネスなど、瞑想も少しずつ認知され始め、

身近になりつつある昨今、

今はまだまだ知名度の低いクンダリーニ・ヨガですが、

いずれ一般的になる日もそう遠くはないでしょう。。。

 

 

故ヨギ・バジャンも日本が一番クンダリーニ・ヨガが広まる国になる、

と予言されていたそうです!😃

 

 

少しでもこの素晴らしいヨガが広まることを願っています。

 

 

【引用元】

NHKクローズアップ現代 2017年5月26日

※残念ながら映像や文章は今は残っていなかったです

こちら参考になればクリック

 

 

キルタン・クリヤ →

両方の手の親指を人差し指・中指・薬指・小指の順で合わせ、

順に、「Sa」「Ta」「Na」「Ma」と唱える。

(正しい方法は、瞑想会などで行っていますので、ぜひご参加ください)

 

 

🌟即時的な効果としては、頭の中で同じ会話が繰り返される時や、

 悩んだ時に最適な瞑想です。

 

 

この瞑想法を毎日12分間、2ヶ月続けることで、

一定数の人にさまざまな効果が出てきたことが、

カリフォルニア大学やソーク研究所の報告がありました。 

 

このキルタン・クリアの瞑想を今月の満月瞑想の時に

ライブ配信しますので、ぜひ、ご参加ください。

以上の枠をクリックしても、画面が出てこない方は、お手数ですが、

yogashantihk@gmail.comへ御申し込みメールをしてください。