Baby & Kids Yoga 

     

 子供の柔軟性の必要性
健康状態がよくないと思われる子供たちは、

柔軟性や弾力性を失っているか、

もしくは、失いはじめている関節や筋肉にかかわる

硬直した背骨、お尻のツッパリ、

肩の緊張や姿勢の不均衡などの症状を表しているはずです。


大人になって遭遇する精神的・肉体的な障害は

ストレスや緊張または、

幼児時代に起きた未解決のトラウマが引き金となっています。


近年、健康状態を良好にするには、

身体的なリラクゼーションやエクセサイズが

大きな役割を果たしていることが認識されてきています。


幼い子供にとっても、このことは特に重要です。

精神・身体のストレスや子供の頃の怪我によって

筋肉の硬直や異常な収縮が続くと

「筋肉の鎧」は体の関節に影響を与え、

子供の動作の範囲を減少させ、ゆがんだ姿勢を作ります。


長い間、これを放置しておくと姿勢の歪みや体の硬直が定着し、

常習化し、治療や矯正がどんどん難しくなります。


体の動きを保持することは、

失った動きを取り戻すよりも遥かに簡単です。


そして、ベビーヨガやキッズヨガは、

親が子供に、乳幼児から様々な動作を継続できるような

体を作る手助けができるようなプログラムとなっています。​



 身体的の効果
• 心地よい運動量でぐっすり眠るようになります。
• 赤ちゃん、お子様が落ち着きを持ってきます。
• 身体の全組織に刺激を与え、免疫力が高まります。
• 産後のシェイプアップ効果があります。
• 育児の疲労を快復します



精神的な効果
• 母と子のコミュニケーションが
高まり親子の絆が深まります。
• お母さんから充分な注目を受けることで

 他人との交流の仕方を学び積極的に遊ぶようになります。
• 親子共、心からのリラックス感を得られるようになり、

 ストレスが解消されます。

子どもは母親から無条件に受け入れられ、

愛される経験を通して「アタッチメント」を形成していきます。

つまり、アタッチメントとは「愛着」、

すなわち乳幼児期に形成される

「情緒的な深い結びつき」を意味します。

 

さまざまな研究において、

心が優しい、

コミュニケーション力が高い、

頭がよい、

運動が出来るといった資質を育てるには

「アタッチメント」が基盤となっていることが

報告されています。

子育てにおいて最も大事なことは、

「いかにして良いアタッチメントを築くか」

ということに集約されます。

ベビーヨガは「アタッチメント」を形成する

一つの手段として、注目されているのです。





Baby Yoga &Relax Yoga for Mama

赤ちゃんの健やかな心と体の成長に

ベビーヨガでアタッチメントセラピーを


日程:6月7日(火)10時〜11時
場所:佐敦スタジオ 

参加費:200ドル

​定員8名(あと3席)

ベビーヨガに参加できる月齢

・「首すわり」のできている月齢の赤ちゃん
 

以下の場合は、
ベビーヨガは参加できませんので注意してください。

・熱がある(37.5度以上)
・体調が悪い(下痢、嘔吐、せきなど)
・授乳直後(20分は空ける)
・空腹時
・予防接種後、24時間以内(医師の指導に従う)


◆お申し込みはこちらから

スマホから

PCから


その他 ご相談ありましたら、

​こちらから

スクリーンショット 2022-05-22 20.46.23.png